ネイルスクール卒業後の進路について


“昨今おしゃれに対する意識の高まりから、ネイルケアにとどまらず、アーティフィシャルネイル、いわゆるネイルアートなど、様々なネイルに対するおしゃれへの需要も増えてきており、ネイルクスールに進学する方も年々増えてきております。実際にネイルクスールに進学し、卒業後はどのような進路に進むかがスクールを選択する上で重要となります。 実際の就職先として、ネイル専門店、美容室専属、複数の美容室でネイルケアを行う方法、開業といった進路があげられます。 ネイル専門店は一番分かりやすい就職例ともいえます。昨今では大きな都心の駅近隣はもちろんですが、それ以外の中規模の駅の近隣はもちろん、郊外の中、大型のショッピングセンター内でもネイル専門店があるため、こういった専門店に進む方もいます。さらに、美容室のネイリストとして就職する方もいます。また、ひとつの美容室ではなく、複数の美容室を掛け持ち、曜日等に応じてネイリストとして活躍する方もいます。また、技術次第では、開業する方もいます。開業に関する初期コストが小規模で抑えることができる点も開業を後押しする材料となっています。また、これら以外にも、結婚式場といった就職も考えられます。式場スタッフの傍ら、ネイリストという専門知識、専門技術をいかんなく発揮すれば、企業側からも欲しい人材となります。このようにネイルクスールを卒業後も、ネイル専門の就職先はもちろん、式場といった就職先も技術をアピールすることで就職が可能です。”